logo-roadto3dcg logo-artstation logo-deviantart logo-pixiv logo-sketchfab logo-twitter logo-vine header

Blender | Matcap画像をCyclesレンダリングのマテリアルとして使う

MatcapをCyclesレンダリングのなんちゃってマテリアルとして使う方法。肌や金属などの凝った質感を簡易表現できる。いろいろな質感を切り替えて試すのも楽。背景の写り込みやライトの反射は嘘っぽくなるけど、一発ネタみたいな動画用なら十分使える。

マテリアルノードを図のように組み、Image TextureノードでMatcap画像を読み込む。

撮影アングルを変えるとテクスチャの見え方も追従して変わる。場合によっては影を表示しないほうがいいみたいだけど、用途や好みで。

Matcap画像を変えれば肌っぽい質感表現なども簡単。

カスタムMatcapで気分を変える | CGrad Project Matcapの作り方については上記サイトなどで。スカルプトモデリング系のコミニュティやdeviantARTなどでも色々なMatcapが公開されている。

使用ソフトのバージョン: Blender 2.76b